南関251報・明治神宮祭…レポ

4月27日の行事だったのが・・・

次々にUPする記事が多くて

あやうく、お蔵入りになりそうだったので

本日、歴史シリーズと一緒にUPしました。


明治神宮祭といっても
画像

祭と言うより「おこもり」のようなもので

各参加の家々より出席し、弁当を持ち寄り話し合いをする。

古くなったお社をどうするか、賽銭泥棒対策はどうするか・・・

食事をし、お茶を飲みながら来年までの行事を決め
画像

3時頃に散会となる。




小原天満宮には、
画像

本殿の右脇に前回紹介した祇園様、
画像
 
三社様(田の神様、山の神様、勉学の神様)の社が並んでおります          、
画像

そのほかにも、猿田彦(人生の道案内の神様)等が祭られてる。
画像





この、境内には、「小原宮のいちいがし」南関町指定文化財の樹としてある。

この「いちいがし」は昔、落雷に逢い幹が裂けてしまったが
画像

皮の一部が残り巨木が保たれてる。


社も巨木も伝統も、小原の住民の協力があってこそと感じる。
ブログランキング

この記事へのコメント

どら子
2008年05月01日 21:58
ken/南関さん

こんばんは~(^^)ニコニコ

本当に地元の古くからの
イベントが多いですね

いかに守り伝えていくか
真剣なことが
よくわかりますね(゚_゚


  ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧ ∧フフン~♪
  (`д´)
   ┳⊂ )
  [どら凵ノ⊃ キコキコキコ
  ◎∪□◎ =


2008年05月01日 23:07
どら子さん こんばんわ~

こんな伝統行事も春先で一旦終了です
農家はこれから先、忙しくなるので
あまり多くのイベントはありません。

でも、伝えてゆく義務があると思います。

この記事へのトラックバック