テーマ:

南関1724報・一文字のぐるぐる

変な呼び名と思いました?か? 熊本地方では割とポピュラーなものです。 一文字(ひともじ)とは葱(ワケギ)の事で 葉茎はネギみたいで、根は玉葱というよりラッキョウに近い こちらでは”一文字”をさっと茹で氷水にくぐらせて、 根元を軸に葉の部分をぐるぐる巻きつけ 酢味噌につけて食べるが、グルグル…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

南関1656報・七草粥

今日は、”七草粥”ですね 「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」 覚えておりますか?? セリ=シロネグサ、ナズナ=ペンペン草 ゴギョウ=ハハコグサ、ハコベラ=ハコベ ホトケノザ=コオニタビラコ スズナ=カブ、スズシロ=大根 環境の変化もあって、身近ではすべて採取出…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

南関1569報・キノコの女王を食す!

先日来、<キヌガサタケ>の写真を掲載してますが 昨日の朝、3本目となるキヌガサタケが 7時45分に見にゆくと・・・ マントが伸びる直前のよう? 無残にも折れてしまってます。 原因は傘の上部の当たる”グレバ”が完全に切り離されないまま 成長が始まり、伸びてたえきれなくなり・・・ポキッ! しかた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

南関1566報・くだものの秋

秋に入り我が家から栗を発送してましたが お返しにと次々に秋の果物が・・・ 最初は鹿央梨、小さいけどみずみずしい 友人が持ってきた荒尾梨は香りが西洋梨みたい 空きは仏様へ ブロ友のみらいさんからは、太秋柿は1ヶ700円もする高級品 信州の友人からは鉈豆(ナタマメ)・・・正月の煮豆の心配なし! さら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南関1564報・秋深し、隣は何をする人ぞ

<秋深し、隣は何をする人ぞ> でしたよね!? 秋の深まりに連れて朝夕の冷え込みは結構!あります 朝方、思わず目がさめて毛布を引きよせて・・・ 秋を表す言葉はいろいろありますが この時期なら”食欲の秋”ですわ! 今年は栗が少なくてJA出荷の価格は下がらず 農家も悲鳴をあげてます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関1219報・芋だご

唐芋を掘る時期は必ず作る品があります。 ”芋ダゴ”です!! 紅アズマの蒸し芋 これは唐芋を掘る際に傷ついた芋を捨てる事は出来ないから・・・ 小麦粉と芋を混ぜ合わせて作るんですが 割と簡単に作れるんで重宝しております。 味噌汁に入れて… 作り方は昨年の南関876報・いもダゴで紹介しておりま…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

南関1189報・我が家の収穫の秋!

収穫の秋を迎えて我が家でも秋の産物が・・・ 梅雨前に植えた”唐芋”を掘って見たところ 長雨と猛暑で根の入り具合が?? 芋に筋が多い!! でも、食べられむわけじゃないので早速 「いきなり」を作りました。 最近、九州地方の各地で<昔懐しいきなりダンゴ>と出てますが 何故か…餡子入りになっておる!…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

南関1188報・果物の秋!

先日栗を送ったら長野の娘?より”葡萄”が贈られてきた。 えっ?娘って??長女は東京では??? 実は、以前仕事でご一緒した仲間なんですが 長女よりすこ~し上の年代で互いに日本酒好き!で意気投合して 以来、娘となっております。(笑) ま、雑談はそれくらいにして・・・ でも~栗に比べらた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more