テーマ:★南関★

南関402報・栗の収穫で

早生から中早生になり始め 今年も防除をしてないので虫食いや病気になってる栗が多くみられます。 まだ、出始めでスーパーマーケットで販売されてるのは高い! 出荷量が少ないので、今の市場でも高価な取引になってる。 9月も中旬になれば連日朝と夕方が栗拾いとなり 半腰状態で我が家では約2時間半・・・結構辛い!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関401報・草刈りで感じる事!

今日は、朝7時から<道作り=村の道の草刈りなど>作業があって早朝といえども汗だくになった。 小組合の13家より労務免除の方を除き12人で約2時間 もちろん、田んぼが道に面した場所は2~3日前に持ち主が綺麗に刈り取ってる所もあるが それでも、草野伸びは早い。 前回はワイヤソーで草刈りしたが、今回はチップソーを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関396報・稲の三種混合?

稲穂はすっかり出揃いました。 昨年度に比べると約5日ほど遅くなってますが・・・ この時期に「虫防除」と「病気予防」の農薬散布がJAで始まりました。 JAで実施する場合は前もって申込が必要で高齢者の農家が参加してますが 我が家は、虫、病気に対する”三種混合”の水和剤で8月31日に行いました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関390報・栗生産者部会

この時期になると・・・栗生産者部会が開催されます。 山鹿温泉旅館”巳喜”で行われ JA指導の下、栗を育ててる生産者は部会員となってます。 昨年度の生産量や品質などの報告があり、今後の栗生産について質疑応答 それが終了すると、会食!! 実は、ここの温泉旅館で入浴も出来てちょっとした「骨休め」もできるので・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関388報・栗の成長

栗の自然淘汰! 栗のイガがたくさん落ちてます。 木の枝先にイガグリが育ってますが、枝によっては木自身で選別して落とし 他にも、虫などにより落ちるのもあります。 「噛み切り虫」などの幼虫が太い幹内で巣を作ってしまうと 台風や強風で幹の根元から倒木します。 今年は、害虫防除してないので品質低下が心配で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関387報・稲の成長・・・出穂・・・稲の花写真追加しました

数日前から、幹にあたる部分が膨らんできてまして 出穂(しゅっぽ)が始まりました。 稲穂を持ち上げてすぐに小さな花をつけますよ。稲の花!! JAの予想では20日過ぎ頃との事でしたが・・・ 連日の豪雨で、少々日照不足になってるのでしょうか?少し遅れ気味ですね。 朝夕の温度が下がって稲も「そろそろ出るか~」っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関383報・栗の下草刈り

8月も半ば・・・ そろそろ、早生栗の収穫が始まります。 数週間前に草刈りしましたがもう伸びてますね 収穫しやすいようにもう一度草刈りしますが・・・ 木の生育にもよりますが、早いものはもう落ち始めてます。 昨年、南関33報で紹介した栗の種類でお解かりのとおり早生栗は「丹沢」 本数は少ないです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関370報・草刈り

今日は、<ぐちこぼし>にお付き合いを・・・ 草が伸びた 草刈りする所はたくさんある 今年は原油高の影響で混合油も値上がりしており 草刈りも少なめになってしまってる。 でも、草は値上がりには関係なくて伸び放題! まず、田の畦草刈り これから先の出穂までに病気などが伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関369報・中干し終了

先日の稲作講習会で、少し遅いといわれた”中干し” 稲株が20株以上になると養分が分散して実入りが少なくなるので 分けつを抑え、ヒビを入れることで土中に新鮮な空気が送り込まれ 根の張りが強くなり倒伏しにくくなり、さらに 稲刈り時にぬかるまないようにするため行う作業。 6月14~15日に田植えして約1ヶ月頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関365報・大豆の土掛け

朝から大豆の土掛け作業! 大豆旛種機械の調整が悪いのか、鳥が摘んでしまったのか あちこちで欠苗が目立つ よくみると、鳥が若芽を摘んでしまってる所もあり いまさら、撒くのはもう遅い! 残った大豆畝間を小型の耕運機で根元に土を寄せる 地道な作業だが育てるためには欠かせない事。 しかし、暑い! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関361報・水稲講習会

今朝は7時半よりJAによる<水稲講習会>がありました。 ご覧の通り、生産者はほとんどが高齢者! 毎年変る気候、気温、降水量、日照量 どんなベテランもこれらの要素が複雑に組み合わさる自然との闘い 知識で覚えてる事がすべて通用するわけではない。 昨年の経験の一部は実行できても、今年度は対応が少し異なって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関360報・大豆の芽が出ましたよ

15日に植えた大豆 5日目には芽が出て2週間でご覧の通り しかし、機械で撒くため生え揃ってないところもあるけど・・・ でも、よく見てみると 千切れたような・・・鳩が若芽を食い荒らしてる・・・ それでも、残ってる豆はこの炎天下にもかかわらず元気に育ってる。 今朝は息子に溝を耕運機で立ててもらった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関358報・農薬散布

お米の予防接種としてJAの空中散布が一昨日ありましたが 我が家はJAに依頼してませんので自分で行います。 この、栽培基準表にあるとおり例年この時期に散布します。 前にも紹介した”アプロードロムダンモンカットエアー”を 1反あたり、水150リットルに対して200mℓを投入し希釈倍数750倍で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関357報・唐芋のつる返し

”唐芋”=”さつま芋”を九州ではこう呼びます。 5月中旬頃から植えた苗は着床して 畑一杯に広がり畝を越してツルは伸びて溝に根をつけてます。 溝に下りた根を剥ぎ取り、畝に乗せてあげることを <つる返し>と言います。 これは、ツルが溝に着床するとそこに栄養を蓄えてしまいますので 剥ぎ取ってやらないと最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関356報・空中散布

JAによる、水稲への農薬散布が<たまな郷>で本日より始まりました。 この時期、ウンカや紋枯病の殺虫殺菌を行う 一斉防除となります。 この赤旗を立ててある田んぼが空中防除の対象になり リモコンで操作する無人ヘリコプターで高度2m前後で ”アプロードロムダンモンカットエアー”の水溶液が稲に吹き付けられます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関354報・稲の生命力と農薬

農家で有機栽培や無農薬栽培してらっしゃる方々には 笑われそうですが・・・ 5月初旬より準備を始め現在まで・・・ 田植え前の種の消毒、田植え時の病気や虫の予防の為の農薬、田植え後の除草剤、ジャンボタニシ除去 と、農薬を散布しました。 今後、イモチ病やニカメイチュウ、ウンカの被害が出れば 数回の農…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関350報・稲の生長と施肥

稲も伸びて50cm程度の高さになって、株も25~30株ぐらいに増えた。 田植え後32日目 稲には通常、田植え前に堆肥や元肥を散布しており この時期のに行うのが分株抑制と倒伏防止の為の施肥 ”ケイ酸カリ”の肥料を少々・・・ この時期は気温が高くて 田の中を肥料を抱えて散布しながら移動するのは大仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関344報・ひゃ~っ!高価!

昨日 クボタの「大感謝祭」が”グランメッセ熊本”であり 招待されて行って来ました。 8時半に南関営業所を出発し9時半頃に到着! 新しい農業機械を見るだけの予定だったんですが・・・ このところ、少し調子の悪くなった草刈り機に魅入られて 値切り交渉してとうとう購入してしまいました。 広い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関342報・大豆種蒔・・・終わり

1昨日から大豆種蒔してるけど 昼間は暑い! トラクターでゆっくり運転してるから、排気熱もあって 数分で汗びっしょり 昼に帰宅すると・・・冷蔵庫の中からカキ氷を取り出し 体の中からまず冷やして・・・ 食事もあっさりとすませて・・・昼寝! それでも、3時過ぎには再び野良仕事 この繰り返しで、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関341報・大豆撒き

昨日の炎天下の中、 大豆を撒きました。 トラクターに大豆旛種機械を取り付けますと・・・ 後が重くなって少しの坂でも前が持ち上がってしまうので 25kgの錘を4ヶ取り付けます。 そうすると・・・全長5m 我愛車のヴォクシーが4.7mですからそれより長くなってます。 この、種蒔機は少し溝を作り肥料(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関340報・大豆撒きの下準備

梅雨明けして田畑の耕運がやっと終って 今日から大豆を撒きます。 昔は、小さい溝をたてて大豆を数粒づつ撒き足で土を被せてたんで 必ず二人以上が必用だったけど・・・ 今は機械で撒く事が出来るのでわりと楽になった。 この、赤い豆が「キヒゲン」で消毒したもので 鳥除けと病気予防の為に赤く染めて これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関338報・稲の生長

6月12日に田植えが始まり、ほぼ1週間で終了し 田植え機で植えられた3~5本の苗はほぼ1ヶ月が過ぎて 分株が進んで15本近くになった。 水田の中で親苗から子苗がぐんぐん育ち始め、根元からの長さは25cm程度になってる。 ただ、こう暑いと水田と言えども水の温度は22度くらいになっており 藻がとてつもないく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関334報・無理してでも…

1昨日の朝気象庁より早く<梅雨明け>とブログアップしたら数時間後 「九州地方の梅雨明けを発表しました」との事。 私のブログ見て(笑)じゃないだろうけど・・・ 田植えが終ると、大豆の種蒔をしなければならないが・・・ 田植え時期から連日の大雨で「減反」の田畑は充分の水を含んでる。   「減反」=現在米農家に課せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関324報・特効薬?ジャンボタニシ撲滅!

田植え以来悩まされてる事・・・昨日も取り上げたが 「ジャンボタニシ」! 田廻りするたび、目に付けば拾い上げて処理・・・ 悩まされて、つばき油粕、腐植源、キタジンの防除策を講じてるが 効き目がいまいち。 この「ジャンボタニシ」は、<スクミリンゴガイ>と言い 正確にはタニシの仲間ではない。 草を常食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南関323報・ジャンボタニシ被害とホウネンエビ

田植えが終って「田廻り」してると 苗の先がプカプカ浮かんでる。 良く見ると同じような場所が切り取られてる。 みると、ジャンボタニシがウジャウジャといるではないか。 田植え直後の苗は柔らかくて草食のジャンボタニシにとっては絶好の餌 連日の雨で<つばき油粕>の効き目がなくなってて 増えてしまったもよう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南関322報・花と野菜

梅雨のさなかに咲き始める花が ”芙蓉”という花 我が家にはあちこちに種類の異なる芙蓉が咲き始めました。 ピンクや赤紅、紫とさまざまな色合いで楽しむことが出来てる。 庭先には「ひめひまわり」と思うが、満開となってる。 庭先にも、キュウリの花が咲いて 見回ってると大きくなったキュウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関320報・どうする…日本の農業!

春先から準備して先日田植えが終了し これから、秋の収穫までは水管理が重要です。 <太陽、水、気温>この天候に左右される作物作り 長い期間が必要な作業です。 それにしても、燃料価格の高騰で農家にも影響が出ています。 農業機械には3~4種類の油種が使われてます。 ガソリン:田植え機、水揚げポンプ、耕運…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南関318報・除草剤散布と後片付け

田植えは、一番最後の苗代を一昨日雨の中実施して終了。 苗代は一番最後に苗を取り去り、代かきしてもち苗を植えるので 一番最後になります。 田植え5日前後に<除草剤>の散布をします。                   これは投げ込みの薬剤、他にも液剤もある この、<除草剤>を散布して無いと田んぼにいろんな草が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南関316報・ジャンボタニシの害

最近、増えてきた<ジャンボタニシ> この<ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)>は                   これで直径2cm程度ですがもっと大きくなります 日本に住むタニシとは異なる系ですが 1981年に外国から食用として持ち込まれたものが 流通採算が合わず廃棄されたため繁殖してるんです。 この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南関314報・田植え3

今朝早く降り始めた雨! 九州北部(佐賀北部と福岡北部)では大雨洪水警報が出てる。 熊本県北部も佐賀と同じ位置になるので、これから激しくなるだろう。 今年の田植えは例年より5日ほど遅く始まったが 丁度、雨も降ってくれて水には困る事がない。 ただ、降りすぎても困るのだが・・・ 田植えまでの一連…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more