南関1725報・栗剪定・・・やっぱり歳?


先日、遅いけど始めた栗の剪定

通常なら、1月2月に作業するのですが

我が家は、色々あってこの時期になってしまいます。
画像


先週、果樹研究所に剪定講習に行きましたが

木の育成方法からして異なるため

今の栗木を修正するには数十年が必要でしょう。


まず、立木の伸びすぎて密集してるのを切るのですが

一番勢いが良く、着実も期待できるので農家としては切れない

しかし、後々を考えるときらねばならない・・・・

そうなると、今年の収量は例年の半分以下になるでしょうが・・・



伐採途中で大木の枯れ木を切断した所

このとおり、冬籠リ中の”シロスジカミキリムシ”の幼虫
画像
大きさは指ほどありますよ
勘弁してほしいわ~芯を食べてしまうのでね~




栗園の半分ほど終わりましたが・・・翌日腰が・・・

作業中は気が付かなかったけど足腰に負担がきて

やっぱ~・・・歳だわ~~~



ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック