南関944報・この歌を思い出す…建国記念の日


今日は、今年に入って3回目の旗日
画像

”建国記念の日”であるが・・・


昔からこの日が来ると思い出すのが

手まり歌の歌詞・・・このあたりだけだったのでしょうか?


その歌詞とは

<すずめ、めじろ、ロシヤ、ヤマンゴク、くろばたき、

金の玉、負けて逃げるはチャンチャンぼ、棒で叩くはいんころし、

シベリア鉄道無いけれど、土瓶の口からみわたせば、

バルッチク艦隊全滅す!>
以下繰り返し



いやいや、日清・日露の頃に生きてたわけじゃありませんが

小さい頃に手まり歌を曾祖母から教えたもらったかな??


忘れさられてゆく、古の歌・・・伝えるのが難しくなりました。
ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年02月11日 08:54
おはようございます^^
手まり唄、全然覚えていません。。どうだったかな~
ボールに触れることも学校でないとなかなか出来ませんよね。それに核家族で祖父母と遊ぶことも殆どなく昔の遊びは廃れていっていますし、今の親の世代も殆どの方は知らないんではないでしょうか。。。今のご時世難しいことばかりです。
今日は国旗も挙げないといけないんですよね。小さい頃は親がちゃんとしていましたがいつの頃からかなくなり国旗もないのではないでしょうか。。。
2010年02月11日 12:40
手まり歌デスカぁ^^
私はかごんまだから

「一かけ二かけて」
一掛け 二掛け 三掛けて
四掛けて 五掛けて 橋を架け
橋の欄干 手を腰に
はるか向こうを 眺むれば
十七八の 姉さんが
花と線香 手に持って
姉さん姉さん どこ行くの
私は九州 鹿児島の
西郷隆盛 娘です
明治十年三月三日
切腹なされた 父親の
お墓詣りに 参ります
お墓の前で 手を合わせ
南無阿弥陀仏と 拝みます
拝んだあとから 幽霊が
ふうわりふわりと ジャンケンポン

全部覚えてませんです。
西郷どんの娘です、のとこかな^^
いちかけ~にかけ~さんかけてぇ~
ってね。墓の前でやっとった^^
ぱんだ
2010年02月11日 17:54
旗。。そういえば今日は旗を立てる日ですね(>_<)
我が家には旗はないです・・・

手まり唄・・・さっぱり分かりませんが(^_^;)
この辺には伝わっていないのかな??
手まり唄と言えば「あんたがたどこさ」しか分かりませんね~

2010年02月11日 20:28
みらいさんも思い出せませんか~
第一毬で遊ぶことがなくなってますもんね
敬老会と子ども会のコミニケーションが
新聞のニュースになる時勢ですからね。
国旗は何とか掲揚できてます。
2010年02月11日 20:35
よりじょんさん、この歌も何か聴き覚えが
でも、西郷さんは出てこんな~
今では地方に伝わる遊び歌も
すっかり忘れられてしまいましたね~
2010年02月11日 20:40
ぱんださん、手まり歌も忘れ去られるんですね~
「あんたがたどこさ」は今度の課題曲でもあるんですよ。
肥後=熊本ですもんね!
国旗は在京中は・・・掲揚して無かったです。
場所もないし・・・アパートでは無理でした。(笑)
2010年02月28日 01:07
手まり唄ですか。。
西郷どんとあんたがたどこさはなんとなく小学校でやっていたような。。
でも、歌詞がいい加減でしたが。。
バルチック艦隊は今ちょっとホットですね。NHKの影響?この歌は初めて知りました。
「旗日」に実際に普通に旗をかけるところもあるんですね。。
うちの辺で旗をかけるのはほとんど見ないですねぇ。かけるのはごくごく一部の特殊な家だけかと思ってました。。
濱屋方子
2015年10月11日 03:23
恐れ入ります。「濱屋方子の台湾日記」というブログを書いております者ですが、日本の、旗を個人の家に掲揚する写真を探しておりました。この写真を使わせていただけませんでしょうか。許可をいただくのが後になってしまい、申し訳ありませんが、もし、いけませんでしたら、直ちに削除いたします。ブログ、該当記事のURLです。http://taiwanyuri.blog.fc2.com/blog-entry-1067.html
手まり歌ですが、この歌は知りませんでしたが、「さっさと逃げる葉ロシアの兵、勇んで…日本の兵」という部分がある歌を聴いたことがあります。
2015年10月12日 23:08
濱屋方子さん大丈夫ですよ!
どうぞお使いくださいませ。
FBでもアップされてるんですね
桔梗の花が今の私です!
友申してもいいですか?

この記事へのトラックバック

  • 『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)

    Excerpt:  副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事が.. Weblog: エルミタージュ図書館 racked: 2010-02-13 22:47