南関428報・稲穂が無残!


台風15号の影響で強い雨が続き、稲穂がすっかり倒伏してしまいました。

ようやく穂が熟れ始める頃の雨で穂先が重くなり次第に傾き

傾き始めるとさらに加重が掛かって倒れが連鎖反応的に続く。

6枚ある田んぼのうち、4枚の田んぼがこのとおり・・・
画像



倒れてない稲は、どうして?


一つは穂先の実入りが少ない為、

前にUPしたのですが稲穂に150粒が付いてると豊作なんですが・・・

稲の茎にとっては非常に重い状態で雨などの水分がかかると持ちこたえられず倒れる


さらに、田んぼへの肥料が多すぎたのも要因の一つではないだろうか?

春に”レンゲ田”にしてると肥料を押さえなければならないのだが

この肥料の配分が難しくて年々配合肥料は少なくしてるのだが今年も多すぎた感じだ!



もう一つは中干しが不十分だった事

7月の終わり頃に中干しを実施しますが

不十分だと根がしっかり張らずに根元の茎が倒れてしまう

120粒程度ならなんとか、持ちこたえたんでは??



いずれにしても、作柄はやや不良となりそうです。

この先の天候にも左右されるが

穂先が地面に接触して、根元には水分が多いので芽が出無ければよいが・・・。



すべての、稲を起こす事は不可能だが

少しでも被害が少なくなるように起してゆくしかないかな~。

今年は、良い出来具合だっただけに・・・残念!



ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック