南関438報・稲刈りの準備


稲刈りの準備のひとつで”隅刈り”があります。
画像

コンバインで刈り取りするので田んぼへの入口や旋回するための4隅を刈り取ります。


そして、一年に2~3日しか使わないバインダー(稲刈り機)
画像

先日手入れをして、親戚の田んぼで試運転

普通はコンバインで刈り取るのですが
画像

この田んぼは水抜けが悪くて大型のコンバインが入れない

よって、掛け干しとなった次第。
画像

少し乾いた場所ではバインダーが使えますが・・・

ぬかるんでる場所は・・・手刈りで・・・ってほとんどが「手刈り」でしたが


今年我が家は、人手が無くて・・・掛け干しは出来そうもない。

掛け干しする場合、最低でも3人が必要で1反(約1000㎡)だと1日半でしょうか



今日から、もち米の掛け干しをするつもりだが

僅か、4畝(ほぼ39坪)でも1日がかりですね。


でも、何故もち米だけ掛け干しでしょうか?

それは、<籾摺り>する場合同じ機械を使うので

うるち米と混じる事が無い様に収穫が遅くなってしまう為です。

さあ、がんばりま~す。

ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月13日 11:20
いよいよですねぇ。お米の収穫。。
昔小学生のころに稲刈り体験で一つの田を二クラス80人で隅刈りをした気がします。わずか1時間ほどで終了しましたが、あたりには落ち穂がたくさんありました。(もったいないなぁと思って持って帰ったもののどうすることもできず、そのうちカビてしまった覚えが。。)
慣れた人でも、手作業だとそんなに時間がかかるのですね。

そういえば,熊本産のもち米(ヒヨク米?)は母が「一番おいしい」と言ってひいきにしています。品種がおいしいのでしょうか?土地がおいしいのでしょうか?いずれにしても,これも手作業なんですね。。
お疲れ様です。
2008年10月13日 18:56
えこころじーさん 終りましたよ~
結構疲れました。(笑)

もち米もこちらのスーパーでは\600/kg程度の販売価格
生産量も少ないけど、(消費量が少ないからでしょうね)
毎年同じ量採れますよ。

この記事へのトラックバック